fc2ブログ
Loading…

社労士としてのこだわり

Posted by 亀戸の社労士 on 16.2014 岡部の日記   0 comments   0 trackback
こんにちは。
社労士の岡部です。


今日から開始のクライアント様が多いようで、メールがいくつかありました。
さすがに電話は鳴りませんが、もう夏休みモードは終了です。


今週はだらだらしながら仕事をしておりましたが、事務所にいる時間が長かったので
所員と話をする時間が結構ありました。
社労士としての私の考え方やこだわりなど話しましたが伝わったのかどうか。


私は社労士の仕事を天職だと思ってます。いくら仕事をしていても、どんな困難な
問題にあたっても、楽しめます。苦しいとも思いませんし、つらくはありません。
むしろ、楽しくて時間が過ぎるのが早く困るぐらいです。
こういった人でないとこの仕事は難しいと思っております。
人の問題など、答えがなくそして複雑であることが多いです。また労基法だけでなく
労働契約法や安衛法などもわかった上で、対応を考える必要があります。
最近ではパワハラ、セクハラ、精神的な疾病などもあり、ますます複雑に入り組んだ
問題が多く、下手な回答をすると私たちに責任があるかのごとく、責められる可能性が
あります。そういった中で、日々の経験と勉強を糧に、問題を解決することをどれだけ
楽しめるのか。

社労士は手続き代行もありますが、だれでもできる作業です。
本当の仕事は別のものです。企業のパートナーとして、弁護士より近くで、より会社の
ことを理解して、支えられるようでなければなりません。

クライアント様、社長様を本気で支えたい、全力で力をお貸ししたいと思えないと
相手を困らせるだけです。このように考えて社労士を目指す人が、来週の試験に
受かってくれればと思います。簡単には食べていけません。苦労のが多いです。

受験生の皆さん、所員にもおりますが、来週の試験まであと少し、頑張って下さい。



岡部


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://shakairoumu.blog.fc2.com/tb.php/34-1900f76e